最初の手続きが肝心なので、わからないことは相談して焦らず落ち着いて行動しましょう。

誰でも突然交通事故にあってしまったら、事故直後は気が動転してしまい、落ち着いてどのように対応していいのかわからなくなってしまいます。 日頃から、万が一の事故時の対応について調べておくと安心です。 事故に遭ってしまったら、安全な場所に避難してから110番をして警察に通報しましょう。 保険の手続きなどには、警察の「交通事故証明」が必要になるからです。 自分が加害者である場合は、保険会社へ通知する義務があります。 保険会社へ通知する際には、保険証券の番号が必要ですので、保険証券は日頃から必ず車のダストボックスなどに入れておきましょう。

当て逃げに注意

自分が被害者である場合は、加害者の免許証の確認や、住所、電話番号の確認、また事故車両のナンバー、さらに相手が加入している保険会社(自賠責保険と任意保険)などを確認しておきます。事故の日時や事故の状況を写真に撮ったり、メモに書き留めておきましょう。 そして、怪我をしていないと思えても、必ず病院で医師の診断を受け、診断書をもらってください。 事故で一番大切なのは、後遺症を残さないために、しっかりと治療を受けることです。

受傷後すぐに医師の診断を受けましょう

町田さがみ整骨院は、交通事故治療に特化した治療を行っています。 交通事故でよくある怪我が、むちうちです。 むちうちは、外傷がなく、事故直後は、ショックや緊張感のために、症状を感じることがありません。 病院でのレントゲン検査などではわかりにくいため、異常なしと診断されてしまうこともあります。 しかし、事故後数日たってから、手足のしびれや頭痛などのむちうちの症状があらわれ、放置しておくと後遺症となって長期間苦しむことになってしまいます。 ですから、自覚症状がなくても、治療を受けることがとても大切です。 町田さがみ整骨院では、むちうちのことを知り尽くしたスタッフが、十分なカウンセリングを行い、一人ひとりに合わせた治療を行います。 事故直後は、無理に牽引などの治療は行わず、患部の炎症を抑えるため、温熱トルマリンによる微弱電流などを用いた治療を行います。 その後、症状に合わせ、全身の歪みを整えながら後遺症が残らないように治療を進めます。 事故後は、治療のための通院などで、精神的にもとても大変ですが、保険などの手続きもしなければなりません。 町田さがみ整骨院では、治療だけでなく、弁護士による、保険の手続き、事故に関する相談、あるいは示談交渉の法的サポートに至るまで様々なことに全面的に提携しているので安心です。

LINEで予約できます

このページの先頭へ