全治療期間の日数と実際に通院した日数の2倍の日数のどちらか少ない方です。

交通事故に遭った場合、様々な問題が発生することになります。完全に対物での損害だけである場合には交通事故であっても物損事故として片づけることも可能ですが、人が乗っていた車にぶつけてしまったのであれば人身事故として対応しなければならない場合もあるでしょう。 この様な人身事故に至ってしまう交通事故の場合には治療費や慰謝料を含めた対応をしていくことを考えなくてはなりません。 まず最初に考えなければならないのは怪我がある場合の治療費と、破損してしまった車両の修理についてであると得言えるでしょう。 これらは自動車保険に加入しているのであればその範囲内で補償されることになります。 過失割合に応じて様々なケースがありますが、車両の修理費や台車となるレンタカー代を補償してもらうことが出来ます。しかしながら修理費に関しては車両の価値を超えない範囲内という制限がありますので注意が必要であると言えるでしょう。

法律問題は弁護士に相談する

怪我に関しては一般的な病院での治療や整骨院での治療を必要とする場合もあるでしょう。 その様なケースにおいては治療費も自動車保険で賄われるケースがあります。しかしながら過失割合が100%ではない事故においては病院や整骨院での治療が無料とはならないケースも少なくありませんので注意が必要であると言えるでしょう。 大きな事故の場合には保険会社の担当者だけではなく、弁護士との相談も合わせて行うことが必要になる場合もあるでしょう。この様な弁護士費用が弁護士特約として自動車保険に含まれていることも少なくありません。よくわからない点については保険会社の担当者に質問してみましょう。

むちうちは整骨院へ相談する

そして最後に発生するのが慰謝料です。 これは迷惑をかけてしまったことに対するお詫びの意味が込められたものであり、自賠責保険に基づいた金額が支払われるのが一般的です。自賠責での計算方法は一日当たり4200円で計算をするのが一般的であり、全治療期間の日数と、実際に通院した日数の二倍の日数のどちらか少ない方で統一するのが一般的です。 この様な仕組みで慰謝料の計算が行われることになります。この辺りの金額は保険会社によって若干変動がありますので画一的な金額ではありませんが、概ね似たような対応が行われることになります。交通事故が発生した場合にはこの様に様々な形でお金が動きますので面倒な手続きを行うことになりますので、発生しないように注意することが肝要です。 さがみ整骨院では、これまで様々なケースを経験しております。通院の仕方によっては受取る慰謝料も大きく差が出ることがありますので、他院からの転院や通院に関してぜひご相談ください。

LINEで予約できます

このページの先頭へ